黒木裕太

Yuta Kuroki
DA197767-F520-4F5F-8427-048B7D2D6BFB_edited.jpg
DSC00375_edited.jpg
AF9A9979-2D8D-4A31-B080-7BCBA70E75DA.jpeg

パフォーマンスアーティスト・ダンサー・俳優

1992 年 3 月 23 日 宮崎県出身

身長:170cm 体重:54kg

 父方の実家が椎葉村の栂尾神楽を代々継承しており、日本の伝統的なパフォーミングアートである神楽に触れて育つ。2015 年より、1998 年長野パラリンピック開会式、Wink の「淋しい熱帯魚」や「タケモトピアノ」をはじめとする CM や MV などの大ヒット振付家である、香瑠鼓氏に師事。彼女がプロデュースする即興集団『ApicupiA』に参加。舞台、CM、映画などに出演する一方、香瑠鼓氏が 1996 年より続けている障害のある方との WS にてファシリテーターも務める。

 平成 29 年度より 3 年連続、東京大学教育学部の授業「身体表現の実践」において、コンドルズ主宰の近藤良平氏の授業アシスタント、さらに東京大学主催ダンスワークショップ(池袋・サンシャイン水族館)講師を担当。老若男女・俳優・さまざまな障害のある人達など多様な人々が交わるワークショップを実施している。

 主な出演作品に、2017 年聴覚障害・小人症・視覚障害・健常の俳優たちによる手話ミュージカル「夏の夜の夢」(東京・あうるすぽっと)、2018 年インドネシア・ジョグジャカルタで行われた、日本・インドネシアの伝統音楽のコラボレーション「WHEN THE DIFFERENCES MEET」(国際交流基金アジアセンター助成公演)にて海外ソロパフォーマンスデビューを果たし新聞やネットニュースなど現地メディアに取り上げられる。2019 年若手コンテンポラリーダンサーの登竜門である、セッションハウス「シアター21 フェス Step Up」にて「アメンボと白鳥」を発表。2020 年 3 月にはセッションハウス主宰の伊藤直子氏から推薦を受けて【もう一度見たいダンス作品】の一つとして選出され、Revision 作品「クモと月」を発表し好評を博す。今最も活躍が期待される若手アーティストの一人。

 

Yuta Kuroki
Performance Artist/ Dancer/ Actor

Yuta Kuroki was born into a family that inherits the Japanese ‘Kagura’ (sacred music and dancing performed at shrines) from generation to generation. Since he was a child, he has been familiar with the Japanese ‘Kagura’, a traditional Japanese performing art. He began his career with a musical theatre company in Miyazaki when he was a university student. He quickly moved to perform on stage and got a chance to appear in several TV commercials and films in Japan.

He has also joined with “Apicupia”, a barrier-free improvisation company since 2016. “Apicupia” is organized by Kaoruco, a well-known choreographer in Japan. Kuroki also worked as an assistant instructor of Ryohei Kondo, who presides over the Condors, at the University of Tokyo in 2017/ 2018. Kuroki got involved in several dance workshops, such as Sunshine Aquarium in Ikebukuro organized by the University of Tokyo, and "Practice of physical expression" classes at the Faculty of Education, the University of Tokyo. He carries out workshops where diverse people meet, men and women of all ages, actors and people with various disabilities.

 

Kuroki has expanded his creative horizons by collaborating with people who have disabilities in the production of Shakespeare’s “A Midsummer Night’s Dream” in 2017, and in 2018 he was selected to represent Japan at the “When The Differences Meet”, a performance supported by the Japan Foundation Asia Center, with his solo piece in the section of traditional music and dance performance. He collaborated with musicians from Indonesia by using the traditional songs in Indonesia and created the performance by bringing the ideas from the Japanese ‘Kagura’ motif that have been passed down to the present day in Shiiba, his hometown in Japan.The performance was reported favourably in the local media.

In 2019, Kuroki created, "The Pond Skater and the Swan" in the series of "Theatre 21 Festival Step Up" at the Session House Kagurazaka, Tokyo, which is the gateway to young contemporary dancers. "The Pond Skater and the Swan" was recommended by Naoko Ito, who is the owner and the director with the theatre and was selected as the 10 best dance works, and he announced his revision work "The Spider and The Moon" in March 2020. His work, "The Spider and The Moon" received a favourable review from the audience. Kuroki is currently one of the most promising young artists in his field.

舞台

○2020 年

・Lima Gunung XIX/2020 #6「MUSIC & DANCE PERFORMANCE」出演・振付(オンライン)

・セッションハウス・アワード 2020 ダンス花 vol.33「クモと月」クモ役(セッションハウス 演出)

・ナイスコンプレックスプロデュース公演「えんとつ町のプペル」デニス役

(原作:西野亮廣 王子ベースメントモンスター)

○2019 年

・Api-Lucky「ツナガリノトビラ」宅配員役(北沢タウンホール 構成・脚本原案・演出補佐)

・Api-Lucky「ミライノトビラ」宅配員役(スタジオルウ 構成・脚本原案・演出補佐)

・シアター21 フェス STEP UP“夏編”「アメンボと白鳥」アメンボ役(セッションハウス 演出)

・Api-Lucky「ヒミツノトビラ」宅配員役(スタジオルウ・演出補佐)

○2018 年

・Golden Bird「遥かな地」(スタジオベイド)

 ベルリンを拠点に世界中で活躍するダンサー、振付家川口ゆい氏と共演

・黒木裕太ソロ公演「風」(宮崎県立芸術劇場)

・日本ユニセフ協会「世界手洗いの日」2018 手洗いダンサー(振付:森山開次)

・国際交流基金アジアセンター「WHEN THE DIFFERENCES MEET:Indonesia-Japan collaborative

Performance」(ジョグジャカルタ、インドネシア)

・オフィスルゥ「Cutting Me -アナタが好き!-」(スタジオルゥ 出演・制作・一部振付)

○2017 年

・サインアートプロジェクトアジアン「夏の夜の夢」フィロストレート役・妖精役

(あうるすぽっと 振付助手)

・非シス人「青ひげ公の城」テレス役(サンモールスタジオ 演出助手兼振付助手)

○2015 年

・倉田プロモーション「ヤング・マスター~僕と先生の十日間~」青年役

(シアターサンモール 演出助手)

映画・CM

○2019 年

・渡邊世紀監督「踊る!ホラーレストラン」ウェイターバットボーイ役

○2018 年

・BBIQ「光 LIFE アドバイザー ミュージカル篇」、「光 LIFE アドバイザー コールセンター篇」

○2017 年

・ドミノピザ

「人生は、ハッピーザ♪篇」「フツーの日だけど、ハッピーザ♪篇」「ピザって高い?ハッピーザ♪篇」

・ドミノピザ「ドミノの感謝祭篇」

・Y!mobile!「引き出しプチライブ篇」

ワークショップ・その他

・アトリエkuukiワークショップ「にじになろう!」ワークショップ講師

・令和元年度S2 東京大学教育学部「身体表現の実践」講師 近藤良平アシスタント

・ワークショップ「誰でも楽しくダンシング!」ワークショップ講師(宮崎県立芸術劇場)

・Assistant Artist In Nakano, Y., & Okada, T. Constructing design guidelines for creation-focused

 contemporary dance educational program for non-dance majors. Creativity Conference, Oregon, USA.

 (Aug.2018). 中野優子国際学会発表助手

・平成30年度S2 東京大学教育学部「身体表現の実践」講師 近藤良平アシスタント

・平成29年度A2 東京大学教育学部「身体表現の実践」講師 近藤良平アシスタント

・平成30年度夏学期集中講義 青山学院大学大学院社会情報学研究科ヒューマンイノベーションコース

 「ヒューマンイノベーション特別講義」ゲストパフォーマー

・ワークショップ「Discover your Duchamp-大ガラスを踊ろう」東京大学駒場博物館

 アシスタント(2018年7月)